ランブット成分@ランブットの効果の源の成分とは!?

ランブット

ランブットは利用者の実に94・4%がリピータになるほどの優れた頭皮環境を改善する効果があるスカルプケアです。凄い効果ですね!

 

ランブットでも一体どんな成分が配合されているのか気になります。

 

そこでランブットにはどんな成分は配合されているのか調べました

 

ランブットの主要成分は?

ランブット

ランブットの主要成分ノニの果実です。

 

ノニとは東南アジアからオーストラリアにかけての太平洋熱帯地域に自生する常緑樹です。

 

ランブットには、このノニの木から収穫される果実が主要成分として配合されています。

 

ノニに含まれている成分とは?

ランブット

ノニは、ジュースがエイジングケアで有名になったので、よくテレビや健康食品のコマーシャルでノニジュースを見かけることが多くなりました。

 

このため、一般にはノニは飲むジュースというイメージが強いようです。

 

しかし、実際に原産地インドネシアに訪れると、かなり変わった光景を目の当たりにします。

 

何と現地に古くから住む住民はノニの果実をペースト状にしたものを直接頭に塗っていたのです。

 

なぜノニを頭に直接塗布しているのでしょうか?

現地の住民に話を聞いてみるとノニを直接頭に塗り付ける手法は従来より伝承されてきたもので、髪の健康を保つためにインドネシアの美容室で普段から実施されていることだったのです。

 

また、それと同時にインドネシアの現地の住民の方の中には概して頭髪に悩みを持っている人が存在していないということも明らかになりました。

 

日本の大手のかつら製造業者が実施した世界の成人男性を対象としたリサーチによれば、日本の成人男性の頭髪の悩みの割合は26.8%程度で世界のトップ20に入りアジアでは最も高くなっています。

 

一方、インドネシアの成人男性では、この割合の低さが世界でもトップクラスと言われています。

 

インドネシアに行った経験のある人なら分かると思いますが、あの膨大な人口に対して頭髪の悩みを抱えている人が実に少ないことに気がつきます。

 

もちろんインドネシアにも髪の悩みを抱えている人はいますが、その割合が極端に少ないのです。

 

インドネシアは日本や欧米諸国ほどスカルプケアは進んでいませんし、スカルプケアの商品もそこまで流通はしていません。

 

それなのに毛髪先進国とも言えるトップクラスの毛髪の悩みの割合の低さは現地の住民の祖先の代から伝承されているノニを使用してのケアが著しく影響を及ぼしているに違いないと考えます。

 

これらの裏付けとしてインドネシアの現地の住民の毛髪とノニを頭に塗る習慣の関係性をノニの栄養、機能、成分の分析そして薬理試験の第一人者である西垣敏明博士も論文や著書などで証明しています。

 

西垣敏明博士とは

ランブット西垣敏明博士は、1948年兵庫県生まれ、1972年長崎大学薬学部卒業は信州大学医学部及び順天堂大学医学部にて病理学専攻しました。

 

その後、製薬メーカーで新薬開発に従事した後に JICA 国際協力事業団の専門家として参加されました。

 

毒性学、病理学、アレルギーなどを専門分野に著書に「ノニ科学読本」(東京ノニ研究所)ど多くの研究論文を持ち、近年では、熱帯果実のノニ、プアメラ等を研究し有能性を発表し高く評価されています。

 

西垣敏明博士のお話

「ノニの魅力をもっともっと実感してください。」
私が初めてノニに出会ったのは、1998年にインドネシアを訪れた時でした。

 

友人から風変わりな果物を紹介され、この熱帯産の果実に強く惹かれるものを感じ、健康食品などの有用性について研究を始めました。

 

2001年にインドネシアでノニを使った専門の美容室を訪れ、ノニを使った秘密の処方を知り、その頃から日本において毛髪分野でのノニの利用を夢見ていました。

 

私たちが行ったのにの栄養機能成分の分析、そして薬理試験は何故ノニが毛髪に期待できるのかヒントを与えてくれました。

 

実際、日本において女性の方から「市販のシャンプーにノニジュースを加えると髪が綺麗になる」男性からは「髪にノニをつけると毛髪に変化がある」などの実例報告が上がってきました。

 

なぜ頭に直接ノニを塗るの?

ランブット

では、なぜ頭にノニを塗ることが良いことなのでしょうか?

 

なぜインドネシアには毛髪の悩みが少ないのでしょうか?

 

それはノニのパワーを見てみると実は理にかなった理由があったのです。

 

実はノニの原産地ではノニが当たり前のように親しまれ、一家に一本、ノニの木を植えて健康に役立てています。

 

頭だけではなく肌にも塗り、美容法として利用されています。

 

これほどまでにノニが親しまれている理由、それは何と、ノニには140種類以上の有用成分が含まれていることです。

 

みかんの5倍のビタミンCやアミノ酸、ミネラル、ポリフェノールなどなど、言い出したらきりがありません。

 

このようノニは数ある健康食品の中でもダントツの成分量を誇り「奇跡のハーブ」とも言われるほどです。

 

 

数あるノニの成分の中でも注目したいイリドイド

ランブット

数あるノニの成分の中でも特に注目したい成分がイリドイドです。

 

植物は虫に食べられたりした場合にこのイリドイドを分泌して補修する際に役立てています。

 

この特徴からイリドイドは、エイジングケアには欠かせない成分と言われています。

 

そして、このイリドイドは一般的な食用植物には含まれておらず、ノニ以外の食物にはほとんど含まれていない貴重な成分なのです。

 

なぜインドネシア産のノニなのか?

ランブット

個人差はあるとはいえ、毛髪の悩みは若い頃か顕在化する例はまれです。

 

つまり、髪の悩みは老化とともに始まります。

 

老化によって力を失った頭皮にしっかりと有用成分を浸透させること、そしてエイジングケアすることは言うまでもなく重要で、「ノニを頭に塗る」ということが実はとても理にかなっていることだったのです。

 

しかし、ノニと一言で言っても原産地によって違いがあり100種類以上の品種が存在しています。

 

また産地によっても成分に差が出る特殊な果実でもあります。

 

その中でもインドネシア産のノニは他の品種よりも成分の性質が非常に高いことが発見されており、140種類の成分の中で「スコポレチン」と「 SOD 酵素」の二つを見てもインドネシア産のノニが他の産地のものとは比較にならないほど多く含まれていることがわかりました。

 

(注)
スコポレチンは他の産地のの2の約6倍
SOD 酵素は他の産地のの2の約4倍

 

インドンシア産ノニに豊富なSOD酵素とは?

ランブット

ノニに含まれる有効成分の中でも特に注目したいのがSOD酵素です。

 

SOD酵素の含有量はノニの品質を決めるとまでいわれている主要成分です。

 

このSOD酵素、あまり聞きなれない成分ですが、実は私たちの体の中でも作られており、老化現象と戦うエイジングケアの役目を担っています。

 

この老化現象は毛髪の悩みにとって切っても切れない縁で強く結びつけられているのです。

 

なぜなら老化の原因によって様々な毛髪の悩みにつながる現象が起きます。

 

この状態で何も気をしなかったなら毛髪の悩みはますます深刻な状態になっていくばかりなのです。

 

それを補うはずのSOD酵素なのですが、この成分も二十歳を超えたあたりから体内で作られる量が減少していくのです。

 

また毛髪というのは体の中では重要性が低くなかなかこのようなケア成分が行き渡ってこないのです。

 

だからこそエイジングケアとして元々体の中で作られていたSOD酵素を多く含むノニを直接頭に塗ることは非常に効率的で入りに語っていることだといえます。

 

そしてノニの産地は複数ありますが、その中でもインドネシア産のノニは圧倒的な品質を誇り、これがインドネシアで奇跡のフルーツとして扱われ「頭にノニを塗る」ということが数百年も伝承されてきた理由でもあります。

 

また毛髪のことを考えて摂取するのであれば、もちろんノニジュースを飲むのも良いのですが、独特の臭みや苦みがあるので日常的に摂取するのが大変ですし、それ以上に毛髪に直接塗りこむことが良いとされているそうです。

 

原産地の人たちは、これらのノニの成分や特性や貴重さをすべて理解した上で数百年前から「ノニを塗る」ということを伝承していたのかと言うとそうではないでしょう。

 

ただ単純に「塗ってみたらよかった」という感覚だけだと思います。しかし、その単純な経験が伝承され続けていることがノニの凄さを物語っているのではないのでしょうか。

 

ノニの有効成分を髪に届ける技術

ランブット

ノニを頭に塗るというヘアケアを知り、すぐに日本に広めたいと思い西垣博士からノニの提供を受け研究が開始されました。

 

しかしノニを頭に塗るというインドネシア原住民の伝統を家庭で手軽にできるように落とし込むには問題がありました。

 

それはノニをペースト状にしただけでは硬すぎて頭皮にうまく塗ることができず髪に浸透させづらいということでした。

 

直接頭に塗り込むとはいえ無駄なく成分を浸透させることが重要になります。そして日本人とインドネシア人とでは気温も違えば生活習慣も食事も全く異なります。

 

つまり頭皮環境も全く違います。

 

特に日本人は皮脂が多いと言われており他にも毛穴に皮脂や市販のシャンプーのシリコン、水道水から付着するカルシウムイオンなどの汚れが詰まっています。

 

これではせっかくの良い成分も行き届いてくれません。

 

ちなみに、これらの目に見えない汚れは毛穴の奥に詰まっており普段のシャンプーでは取れることはありません。

 

普段のシャンプーでは毛穴の汚れが落ちないのですから、シャンプー後にヘアケア用品を振りかけること自体がいかに無駄なことがわかるかと思います。

 

皮脂や汚れをきれいに洗い流し、しっかりと有効成分を届けること、これをしなければ毛髪対策は成り立ちませんし非常に重要な要素です。

 

だからこそ開発段階でモニターさんを集めて試行錯誤を繰り返して行うことにしました。

 

その結果、モニターさんとの都度なるやり取りの中でノニと非常に相性が良くこれらの問題をクリアできる成分が発見できました。

 

ノニと相性がよく問題をクリアできる成分ホホバオイル

ランブット

何と相性がよく問題をクリアできる成分とはホホバオイルです。

 

ノニにホホバオイルを配合することで皮脂や汚れを浮かせて取り除くことに成功しました。

 

ホホバオイルは人間の皮脂と似ている天然オイルで、他の油分の中でも肌に対して刺激が少なく頭皮ケアとの相性も良いとされています。

 

さらに高い浸透力を保ち頭皮にうるおいを与えることで硬くこびりついた皮脂を洗い流すだけでなく適度な潤いを保つ作用にも期待ができることがわかりました。

 

ホホバオイルの作用

ホホバオイルの2つの作用

  • 「皮脂を洗い流す作用」
  • 「有用成分を浸透させる作用」

という大切な2つの作用を営みます。

 

皮脂を洗い流す作用

まずはこの人間の肌の皮脂に近い成分であるホホバオイルによって頭皮の皮脂を洗い流します。

 

有用成分を浸透させる作用

そしてじっくりとノニの有用成分を浸透させた後に適度な保湿がなされ有用成分を皮脂に閉じ込めます。

 

重要なのは扉を開けて浸透させ閉じ込めることです。

 

この工程がなければ、ノニがいくら優れていても宝の持ち腐れになっていたことでしょう。

 

そしてノニエキスと天然オイルを配合することにより柔らかく塗りやすく、そして浸透しやすくなりインドネシア原住民の伝統をより強化して家庭で手軽にできるようになりました。

 

もちろん天然オイルなので刺激もなく過剰に皮脂を取り除くこともありません。

ランブット最安値販売店は
こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

ランブット最安値販売店へ

 

ランブットおススメコンテンツ

 

 

 

 

 

 

ランブット最安値販売店は
こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

ランブット最安値販売店へ